錬心館の紹介

道統少林寺流空手道 錬心舘の紹介

日本有数の空手道団体『少林寺流錬心舘』

 

足刀蹴り

 

 道統少林寺流空手道 錬心舘は開祖 保勇(たもつ いさむ)十段範士(勲四等瑞宝章)により昭和30年鹿児島市を拠点に誕生。

 

 卓越した技術とその高い精神性は燎原の火のごとく全国に普及し50年、全国各地におよそ1200支部、約32万人の門下生を誇っています。

 

 中華民国6支部、アメリカ30支部、フィリピン3支部、インド15支部、プエルトリコ10支部、フィンランド8支部、スウェーデン、ドミニカ、ロシア、メキシコ、ブラジル、パナマなど、日本のみならず様々な国で広がり続けています。

 

 平成12年5月、開祖 保勇十段範士の逝去に伴い、保巌(たもつ いわお)十段範士が錬心舘総本山第二代宗家を襲名しました。

 

詳細は錬心舘総本部ホームページへ

 

 

錬心舘 総本山

 

道統少林寺流空手道

武の殿堂

錬心舘総本山景観

 

 

錬心館の紹介記事一覧

宗家紹介

宗家 保 巖(たもつ いわお) 宗家保巖十段範士は、開祖(故)保勇十段範士の長男として昭和二十三年鹿児島市において誕生。 平成十二年後月少林寺流空手道錬心舘宗家を襲名。 師であり、父である開祖の薫陶の下、厳しい修行を重ね、型・組手の最高技術を極める。 全国大会における特別演武少林寺流正流七法の最高峰...

≫続きを読む

 

指導理念

宗家書 錬心舘では、早くから「空手道を通した人づくり」に心血を注いできました。空手道を人間形成の武道と位置付け、「百年先を憂えては、人を育てる」という指導理念の下、約60年に渡り活動してまいりました。 普段の指導方針も単に、武術の修得にとどまらず、人格の陶治、精神力の充実強化、道徳心の涵養に努め、心...

≫続きを読む

 

技術の特徴

 少林寺流空手道錬心舘の最大の特徴は、安全性と勝敗の明確性を優先するところから生まれた防具着用の組手試合制度とその組手技術の完成度の高さです。 錬心舘の組手技は、豪快で華麗な大技が主体。  『後ろ廻し蹴り』 『連続回し蹴り』 『逆風足刀蹴り』 『足刀くの字飛び』 『二段回転蹴り』 『羅旋手刀打ち』等...

≫続きを読む

 
 
HOME 錬心舘の紹介 支部紹介 活動記録 大会成績 テレビ出演/他 Link blog